« 一国二制度のオーランド諸島 | Main | 飛行機の突然のキャンセルへの自己防衛的対処経験 »

March 17, 2008

ドイツの「都市と農村連携」セミナー

3月13日から14日にかけて、ドイツのブランデンブルグ州市町村連盟の招きで、1泊2日の同理事会のセミナーに参加してきました。参加者はブランデンブルグ州内の主だった市長さん、事務担当責任者の皆さんでした。

「都市と農村の連携」という表題の会合で、ルッケンワルド(Luckenwalde)というベルリンから車で1時間くらいの郊外の静かな町のホテルで行われました。

講演者と演題は、州の事務次官ゲルト・ハルム氏から「欧州における都市と農村、EU政策の中の市町村」、ブランデンブルグ・ハベル市長ディートリント・フランク氏から「自治体間協力の実例」、州の首相マティアス・プラツェック氏から「州と市町村の関係」、ハーフェランド・フレミング広域計画連盟事務所長ハラルド・クナウアー氏から「EUの進めるヒンターランド事業について」、州の開発・環境・消費者保護担当相ディートマル・ヴェッケ氏から「農村部に対する州政府の取組」、フランクフルト・オダー市長マーティン・パッツェルト氏から「隣接するポーランドの市との交流」、州市町村連盟理事長カール・ルートヴィッヒ・ベッチャー氏から「農村部の発展のための市町村連盟の立場」、そして日本側から招かれた形の私から「人口減少下の日本における地方活性化の取組」という内容でした。Rimg0979

これらの講演の演題からもわかるように、ブランデンブルグ州における農村部の地域政策が、マクロ・ミクロの双方からよく分かるものとなっています。人口減少局面にあるブランデンブルグ州と我が国のおかれた環境には共通する課題が多く、私たちは後半からの参加になりましたが、共感するところ大でした。私からは政府の進める政策、具体的な取り組み事例を紹介しましたが、それを聞いたブランデンブルグ側も、同じ感想を持ったようです。早速、会合で使用した、わが事務所のキルヒナー主任調査員が作ってくれたドイツ語版のパワポの提供を求められました。

その中で、州の首相の講演は、州日の夕方からシンポジウム形式で行われ、会議の後半は市長さんたちとの熱のこもった質疑でした。生徒の減少に伴う学校統合、スクールバスの縮小、病院の診療科の廃止・縮小、行政サービスの地域間格差、連帯税の今後の展望、自治体間の協力の在り方、行政サービスと料金の在り方、風力発電所に対する州補助金の弾力化など多岐にわたるやりとりが興味深いものでした。何やら我が国における知事と市町村長の会議のやり取りを彷彿とさせます。Rimg0976

市町村連盟ではこのようにテーマを絞った比較的大きなセミナー形式の会合を、年に1回行っているのだそうですが、この会合にわが事務所が呼ばれたことは光栄なことでした。昨年11月の市町村連盟訪問時の意見交換がきっかけになりました。こちら側が先方から情報をもらうだけではなく、先方からこちらの情報を求められ経験の共有ができると、意見交換がより有意義なものに発展します。市町村連盟会長でベルダー・ハーベル市長のウェルナー・グロース氏は、「両地域にこれだけの共通課題があるのだから来年のセミナー開催は日本でやるかもしれない」などという冗談も交えながら会議を締めくくって下さいました。しかし私には意外に冗談ではないのかもしれないと思えてきます。

ところで、食事の際にお話しできたポーランドと国境を接するフランクフルト・オダー市長のパッツェルト氏は2年前に日本に招かれ、「縮小する都市」に関するセミナーに参加したのだそうです。日本からの視察団もよく来るとの話をしていました。

会議場となったルッケンワルド市のフィアーザイトホーフ(Vierseithof)ホテルは、地元市長エリザベス・ヘルゾーク・フォン・ハイデ女史ご自慢のホテルで、ゆったりとした中庭のあるとても食事の美味しいホテルでした。私の部屋の横に小さな温水プールもあり、私は朝早い時間にスイミングを楽しみました。Rimg0981

|

« 一国二制度のオーランド諸島 | Main | 飛行機の突然のキャンセルへの自己防衛的対処経験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/40531490

Listed below are links to weblogs that reference ドイツの「都市と農村連携」セミナー:

« 一国二制度のオーランド諸島 | Main | 飛行機の突然のキャンセルへの自己防衛的対処経験 »