« CIPFA@英国公会計専門機関訪問 | Main | 博物館を活用した英国の防災教育 »

December 01, 2007

ビクトリア・アルバート美術館のパトロン一行の須坂感動

駐英国日本大使の野上義二さんとの懇談の際に、過日、ヴィクトリア&アルバート美術館のパトロン一行が長野県の須坂市訪問の話を伺いました。

大使の話では、須坂の豪商の館である田中本家を訪問し、その足で須坂市にある落ち着いた温泉旅館に宿を取ったのだそうです。一行はその折の印象がとてもよく、ロンドンに戻ってきてから、須坂はよかったと激賞だったということです。こういう方々を須坂に招くにあたってはおそらく関係者の並々ならぬご苦労があったことは想像に難くありません。Rimg0092_2


ヴィクトリア&アルバート美術館のパトロンですから、桁違いのお金持ちであることはもとより、審美眼というか、よいものを見分けるセンスが非常に高いことは言うまでもありません。250pxfacade_7
そのパトロンの方々のおめがねにかなったのですから、須坂市の保有する歴史文化観光資源は世界水準にあると思われます。

たまたま私も今年の前半に須坂市に伺った折に、三木正夫市長とともに田中本家を訪問し、跡継ぎの田中学芸員に屋敷内をご案内いただく機会があったものですから、「それは田中本家だったら気に入るはずです。長野県内の温泉ももちろんです。」と申し上げました。大使も頻繁に自家用車で長野方面に足を向けられ、長野県に関しては特段の関心がおありのようでした。

たまたま三木市長と同じ須坂関係のSNSに加入していることもあり、以上の話をNSNを通じて三木市長にもお伝えしました。すると、「実は、私も当日同行させていただきました。予定の時間を大分オーバーして熱心に見ていました。単なる観光というより、学術的な面に興味を示されていました。」という返事が即座に返ってきました。市長さんは、うれしい情報なので早速この話を田中館長にも伝えたいとおっしゃっておられました。

ロンドンに暮らして思うのは、ロンドンをはじめとして英国内には確かに歴史遺産や文化的蓄積、美しい自然がたくさんありますが、私は日本のそれも決して英国に劣るものではなく、むしろ英国以上に古い歴史があり、自然も変化に富み、日本人の人情もこまやかで、全体で見て日本のほうが持っているコンテンツの水準は上のように思えてしかたがありません。

しかし、その素材を外の人に見てもらう術に関しては、残念ながら、英国の持つノウハウに大きく遅れをとっているように思えます。サービスのスタンダード化、英語での情報量の多さ、各地にある観光インフォーメーションセンター、人を楽しませるノウハウ、景観を守る断固たる施策や人々の姿勢など、世界中から観光客を受け入れている英国のノウハウは大いに学ぶべき点があります。

野上大使も、外国人が英語で日本の観光情報に接し、ネット上で簡易に予約が出来る仕組みがあれば、日本の国際観光はもう少し前進するのだけれども、というご感想をお持ちのようでした。外国人は最近は旅行業者を通さずに直接ネットで行き先を決めていくのが多くなっているというのが大使の認識でした。

このことを後日テニスをご一緒したついでに国際観光振興機構の奥田哲也ロンドン事観光宣伝事務所長に伺うと、野上大使の認識は正しく、国際観光分野の業界用語にFIT(Foreign Individual Travellors)という言葉があり、殆どの英国人は個人で旅行の行程を設定し、相手国が個人旅行を受け付けないなどの特殊な事情の無い限り、日本のような団体旅行はしないのだそうです。欧州全体にもそのようなことが言えるのだそうです。

質の高い日本の観光資源を欧州の目の肥えた所得の高い層にアピールするためには国も地方も一緒になった観光戦略が必要なようです。奥田所長は、ロンドンの無料朝刊のメトロという新聞が「スキー&スノーショー」と銘打って京都観光と北海道のスキーをセットにした英国人の日本観光キャンペーンがあることを教えてくれました。奥田所長は、北海道の他に長野県もこうした国際キャンペーンに参加してもらえればありがたいとのご希望でした。

新聞情報によると、国土交通省に観光庁を作る構想が出ていましたが、組織体制を強化する中でしっかりした国際観光戦略を作ってほしいと思います。長野県庁も観光部を作り、県土振興の観点から観光に力を入れているようですが、外国語による観光情報の体系的整備というのことも大変重要だということをお伝えしたいと思います。

ところで、英国人の日本に対する関心は、意外に大きいということを最近再認識する機会がありました。カーディフ大学の日本研究センター所長のChristopher Hood 博士にお会いした折に、博士の日本研究講座を受講する学生の数がこのところ激増しているとの話を伺ったのです。博士から逐年の受講者数の推移の資料をいただきましたが、2000年に11人、2001年に16人と着実に増え続け、2007年は39人に達しているのだそうです。Rimg0590

その理由について、博士は、「漫画やアニメなど日本のサブカルチャーが浸透し、それに親しんだ世代が学生になっていること、子供のころに日本と何らかの関わりがあるとごく自然に日本のことを勉強してみたいという気持ちになるようだ」との感想をお述べでした。

日本国内においては、最近は特に縮み志向で、欧州などの日本への関心の低さを悲観する見方が蔓延しているように思えますが、それを受けて諸外国における日本のプレゼンス自体を縮小するような動きがあるとしたら、まったく残念なことです。

それどころが逆に、日本に関心を持つ若い世代は確実に増えているという兆候を大事にしなければならないと思います。

来年は、日英で外交関係が締結されて150周年を迎えます。外務省を中心に諸行事が予定されていますが、この機会に地方自治体や市民レベルのさまざまな交流行事が行われ、日英の両国間の交流が質量ともにレベルアップされることが期待されます。とにかく日本に来た外国人は殆どの人が日本のファンになるのですから。

私たちも、ロンドンに拠点を持つ日本の地方自治体の海外事務所の機能をフルに活用し、ローカルtoローカルの活動を盛んにしていければと考えています。 

そのような意味で、野上大使から伺ったロイヤルアルバートホールのパトロン一行の須坂感動の話は嬉しく、こうしたことがひとつの刺激となって日英相互の地域振興、お互いの知恵を高めあう交流の基盤整備が行われていくことを期待します。


|

« CIPFA@英国公会計専門機関訪問 | Main | 博物館を活用した英国の防災教育 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ビクトリア・アルバート美術館のパトロン一行の須坂感動:

« CIPFA@英国公会計専門機関訪問 | Main | 博物館を活用した英国の防災教育 »