« 戦略企画機能に徹するロンドン広域市 | Main | 女王に政策を演説させる英国議会? »

November 11, 2007

英国でのテニス

11月の週末、ロンドン郊外のテニスコートで、久しぶりのテニスを楽しみました。North Acton Playing Field という公園の中にあるテニスコートです。

ロンドンの友人に誘われ朝の9時半に地下鉄のEaling Common駅で待ち合わせをしました。メンバーは大学の先生、大使館関係者、民間企業のファンドマネージャーなどの7名です。全員日本人です。

私は、テニスは久しぶりで、目白の国家公務員用の運動場で定期的にやっていたのですが運動場が廃止されて以来遠ざかっていました。英国では、ひょっとして機会があるかなあとラケットとテニスシューズを持参してきたので、誘いにすぐに乗り寒空の下でのテニスに興じました。

公園内にあるテニスコートは公営で、簡単な手続きで僅かな料金を払い使用できました。この近郊には日本人学校もあり、多くの日本人家族が住んでいるようです。今回の参加者も殆どがこの近郊からの参加者でした。私はロンドンの中心地から地下鉄で30分くらい揺られて到着です。

広い芝生の一角にテニスコートが何面も作られています。時間単位で簡単に申し込め、気の良さそうなおにいちゃんが管理をしていました。

隣ではフットサルやラグビーに興じている人が沢山います。放っておいても芝生が育成する英国は運動場の維持費が少なくて済むのかもしれません。Rimg0524

そんなことを思いながら、2時間余りを休み休みラケットにあたるボールの感触を楽しみました。後日足の筋肉がどの程度痛くなるか怖いけれども楽しみです。昔と比較しながら体力の変化の自己診断の機会ともなりうるからですRimg0525

参加メンバーとの近況の話題交換も興味深いものがありました。お誘いいただいた友人に感謝!感謝!です。

ところで、久しぶりのテニスでしたが、急に運動をやっても足腰や筋肉に負担がかかります。私の場合にはロンドンでスポーツクラブに入り、早朝あるいは夜にジムや水泳、サウナに通っているおかげで、普段から体にある程度の負荷をかけているため、急な運動による筋肉痛はさほどではないように思えます。8月末にスポーツクラブに加入して80日ほどたちますが、数えてみるとその間に50回以上クラブに通っています。3日のうち2日は通っている勘定です。大きな湯船もあり家で風呂に入る手間も省けます。何事も体が基本です。



|

« 戦略企画機能に徹するロンドン広域市 | Main | 女王に政策を演説させる英国議会? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/17038260

Listed below are links to weblogs that reference 英国でのテニス:

« 戦略企画機能に徹するロンドン広域市 | Main | 女王に政策を演説させる英国議会? »