« ストラットフォードでのシェークスピア劇観劇 | Main | 大ロンドン市長選に向けてのHUSTINGS »

September 10, 2007

ドアトラブルの英国流対処法?

姪が帰る前日、トラブルが発生しました。ゲストのシャワールームのドアが開かなくなりました。原因は、シャワールームの中に小さなドアがあり、それが少し開いたためにシャワールームのドアをロックする形になったのです。

中のドアの開き口が表のドアの開き口と重なる構造になっているため、前から少し邪魔になると気になっていましたが、マーフィーの法則ではありませんが、「失敗する可能性のあることは必ず失敗する」の法則どおり、今回は懸念が現実のものとなりました。

ドアの表からナイフを差し入れ、中のドアを動かそうとしましたが埒が明きません。そこで、家主のレディー・ブラナンに電話をすると、本人はマドリッドの実家にいるとのこと。ご主人はバイブリーの別宅におられ、レディ・ブレナンのアドバイスは、flat6の Eric Golson氏に連絡し、対応を相談してほしいというものでした。

あいにく本人は不在で、仕方がないので、たまたま知っていた彼のメールアドレスに以下のメールを打ちました。(実は3週間前に、鍵を部屋の中に置き忘れたEric氏の友人の女子大生が支援を求めに私のところに来た際に彼のメールアドレスを教えてもらっていました。その際もEric氏は不在でした。)

Very sorry to bother you. My name is @@@@, living flat 7 upstairs of you from this August.
There was an accident this morning.
A door of a shower room became “rocked” because a small door inside the shower room “opened” a little and it hindered the front door to open.
My niece is staying in my flat until today. She have to leave for Tokyo tomorrow. Her belongings are inside the shower room. Lady Brennan, my land lady is now in Spain. She said to me Eric is well-accustomed to these matters. So very sorry to bother you but I ask your help.

暫くするとEric氏から電話があり、今アメリカを旅行中とのこと。直ちには対応できないが、困ったら再度連絡をしてほしいとのことでした。

実は、この電話の前に、レディ・ブレナンのご主人のダニエル・ブレナン氏から電話があり、自力での対応方策の示唆や、それがだめな場合には業者を派遣する旨の連絡がありました。Eric氏にはその旨を伝え、御礼を申し上げました。ところで、ブレナン氏は貴族院議員でもあり、私の家のドアのトラブルで、バイブリーの法曹出身の貴族院議員の手を煩わせることになってしまいました。

午後3時半頃に「COMFORT CREW」とのゼッケンをつけた若い男性が来てくれ、ドアに小さな穴を開け中のドアを閉める努力をしたものの、中のドアは頑固で、明朝、大道具を持参し再度トライすることになりました。

シュエークスピアのあとは、大トラブルですが、このような経験も英国生活では貴重な体験になると思ってトラブル対処の方法を楽しんでいます。いざというときのご近所の助け合いも経験しつつあります。

それにしても、たかがドア修理で、スペイン、米国、貴族院議員までもが登場するのですから、英国生活はシェークスピア劇並みに流石に役者が豊富です。
        
ps

翌日の朝、昨日の工事の方に再度来て頂き、結局ドアを電気のこぎりで壊し、解決しました。ドアは作り直しです。シャワールームの中のドアも、開き口が入り口のドアと重ならないようにするため、付け直しすることになりました。トラブル再発を防ぐための内装のし直しです。小さな子供が中に閉じ込められたら大変ですから。

|

« ストラットフォードでのシェークスピア劇観劇 | Main | 大ロンドン市長選に向けてのHUSTINGS »

Comments

うわー。

舞台が。

イギリスになってるんですね?


世界は広いようで狭いなあ、と島根県にきて感じていましたが、

やっぱ、広いなあ。

でも、近いんだなあ。


って、誰ですか?って思われるでしょうけれども、

実は以前、広島の研修会で一度だけお会いした者です。すみません。

Posted by: とんばらじん。 | September 10, 2007 at 04:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/16401335

Listed below are links to weblogs that reference ドアトラブルの英国流対処法?:

» ヴィジュアル系とは [ヴィジュアル系]
ヴィジュアル系とは、日本で発生したロックバンド及びミュージシャンの様式の一つです。「ビジュアル系」を「V系」と呼ぶ向きもあります。ヴィジュアル(Visual=視覚)という言葉の通り、主に外見で区別しての分類です。人目を惹く派手な化粧や髪型、衣装などの外見が最大の特徴で、X JAPANやCOLOR、DEAD END、D'ERLANGERなどにカテゴライズされたバンドの事で、それらの影響を強く受けたバンドの事もビジュアル系バンドと呼んでいます。 ... [Read More]

Tracked on September 10, 2007 at 08:59 AM

» jobs in amsterdam netherlands [jobs in amsterdam netherlands]
jobs in amsterdam netherlands [Read More]

Tracked on September 10, 2007 at 10:59 AM

» job center online northern ireland [job center online northern ireland]
job center online northern ireland [Read More]

Tracked on September 10, 2007 at 11:37 AM

» oregon collages [oregon collages]
oregon collages [Read More]

Tracked on September 10, 2007 at 05:00 PM

« ストラットフォードでのシェークスピア劇観劇 | Main | 大ロンドン市長選に向けてのHUSTINGS »