« July 2007 | Main | September 2007 »

August 27, 2007

EMEARの視点

外国赴任は心細いものですが、有難いことに、国内の人脈が外国にも繋がっており、様々な方から欧州駐在の日本人や外国人の知人をご紹介いただくことが多々あり、大変心強く思います。

Continue reading "EMEARの視点"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 25, 2007

ロンドンのスポーツクラブ

単身赴任のロンドン生活なので、食生活の制約から多少は痩せるかと思っていましたがなかなかそうも行きません。

Continue reading "ロンドンのスポーツクラブ"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 24, 2007

遭遇したBT、ロイズの「事務的」ミス

英国赴任後ちょうど1ヶ月が経過しました。あっという間でしたが、最初はもの珍しかった英国の風景もすっかり目に定着し、東京の中目黒にいるのと少しも違わない雰囲気になってきました。人間の慣れというか適用能力というものはたいしたものです。

Continue reading "遭遇したBT、ロイズの「事務的」ミス"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2007

自治体主導の国境をまたぐ「海道遺産を辿る」プロジェクト

Medwayという人口が25万人強のユニタリーと呼ばれる一層制の自治制度を採用している自治体(Borough)のAshley Davis氏から、Medwayの地域開発の現状と地域の歴史遺産を紹介したいので時間のあるときに来ないかというお誘いがあり、半日の旅程でMedwayでも歴史のあるRochester地区を訪問しました。

Continue reading "自治体主導の国境をまたぐ「海道遺産を辿る」プロジェクト"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2007

パリのレンタサイクルとロンドンの混雑税

パリ市が大規模な自転車レンタルサービスを始めたとのレポートが自治体国際化協会のパリ事務所から届きました。

Continue reading "パリのレンタサイクルとロンドンの混雑税"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2007

コベントリー市の女性事務総長

コベントリー市に伺った際に、同市のチーフ・エクゼキュティブ(事務総長)のステラ・マンジー女史ともお話しすることが出来ました。

Continue reading "コベントリー市の女性事務総長"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

静岡フィルハーモ二ー管弦楽団英国公演

ロンドンにいると、文化的な行事への参加に恵まれることがあります。8月17日に英国コベントリー市での、静岡フィルハーモニー管弦楽団の公演にお手伝いをかねて参加しました。

Continue reading "静岡フィルハーモ二ー管弦楽団英国公演"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

低利率の日本の地方債が外国で人気の理由

ロンドンは世界の金融の集積地だけあり、私の勤務する事務所にも日系の保険ブローカーの方とか、外資系証券会社の方が顔を出されることがあります。

Continue reading "低利率の日本の地方債が外国で人気の理由"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

August 12, 2007

“Irish built, English sank.”

英国赴任後初めての出張に、8月7、8、9日の2泊3日で行ってきました。ウェールズのカーディフと北アイルランドのベルファスト方面です。

Continue reading "“Irish built, English sank.”"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 05, 2007

「1日2キロは歩きましょう」運動

ロンドンに生活し始めて誰もが感じることとして、何故か自家用車の数が少なく、二階建ての赤いバスが大変多いこと、そして歩いている人が結構多いこと、があげられるではないかと思います。

Continue reading "「1日2キロは歩きましょう」運動"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

英国の口蹄疫の発生とそのコントロール

日本でどの程度報道されているか分かりませんが、英国では、この週末から、口蹄疫(foot-and-mouth disease)の発生が大きく報道され、ブラウン首相がスコットランドの休暇先から急遽ロンドンに戻り、緊急対応を指示するなど対策に躍起になっています。

Continue reading "英国の口蹄疫の発生とそのコントロール"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

家主のご主人がBiburyにお住まいの貴族院議員

英国赴任後10日が経過し、漸くテムズ川に近いチェルシー地区の 宿舎に移転することが出来ました。事務所の方にもお手伝いを頂きながら、簡単な単身の引越しが8月2に無事終了しました。

Continue reading "家主のご主人がBiburyにお住まいの貴族院議員"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »