« 熊野午王宝印を英国に持参 | Main | 無事ロンドン到着。チュエルシーに宿舎を確保。 »

July 21, 2007

戦国時代から地域を自ら守る伝統が上田市消防団に継承

旧知の前上田市消防団長の五十嵐幸男さんが叙勲を受賞されたお祝いの会があるというので、英国赴任を前に上田市まで出かけてきました。

お祝いの会には、上田市の消防団関係者の他に、母袋創一上田市長、土屋陽一上田市議会議長、徳田正明前日本消防協会会長、秋本敏文同理事長といったお歴々もお出ででした。

五十嵐さんは、昭和41年から消防団活動に取り組まれ、豊富なアイデアで上田市の消防団活動をとても活性化させてきた実績があります。バイク隊、女性消防団、団員の特技を生かした団活動の慫慂など、今日の全国消防の先駆けとなったアイデアは上田から始まっています。Photo_56

そのことが評価され、60歳という異例の「若さ」での叙勲が授与されたようです。

つい最近(平成19年5月30日)も、自民党・地方行政調査会の「地域力及び地域の教育力に関する勉強会」に五十嵐さんが講師として呼ばれ、消防団活動に関してについてショートスピーチをされました。私も同席していましたが、その概要は次のとおりでした。

・消防団の課題は、入る人が減少していること。青年団のように、衰退してしまうのではないかと懸念している。
・かつては、自営業者が8割であったが、今やサラリーマンが8割。
・消防団員は、わずかではあるが報酬ももらっており、その活動はボランティアではなく、義務であると考えている。責任と自覚を持つことが重要。
・高齢化社会の中で、消防団は、地域の様々な活動にかり出されているにもかかわらず、マスコミを含めなかなか消防団の活動をとりあげない。
・上田市においては、消防団員の平均年齢が非常に若く28.5歳。全国平均は、38.5歳。
・消防団員にはもう少し社会的な地位や評価を与えて欲しい。
・自分は、消防団は人生の道場であるとして活動をしてきた。

この、「消防団は人生の道場であるとして活動をしてきた」ということこそが、上田市の消防団活動の真髄を表しています。

五十嵐さんによると、上田市消防団では、訓練の際、先輩団員が後輩を朝起こして歩いて一緒に行動することで信頼関係、友情を芽生えさせてきたとのことです。消防団活動を町の文化と位置付け、この町に住む人たちが如何にこの町を好きになるかというこということを常に考えて行動しているとのことです。五十嵐さんは、地域コミュニティの場での修練の場として消防団を位置付けているのです。

たまたま上田市のある副団長と話をしていて、私が、「五十嵐さんの実績を保つのは大変ですね」と問うと、その副団長は、「いえ、その時々の課題は変わるので、常に新たなチャレンジがあるのです。活動を保とうとすると、それで活動が沈静化します」との反応が返って来ました。

とてもチャレンジングな反応に、私は思わず、これは、戦国時代の真田幸隆の時代からの地域力そのものではないかと、感じました。真田の庄を守るために地位の人たちが力をあわせて頑張るという伝統がこの地域にはあるのではないか、と。そういった趣旨のことを副団長さんに話すと、「真田の歴史は当然意識しています」との反応が返って来ました。

母袋上田市長も、祝辞の中でこの地の歴史について語っておられました。上田市消防団を見ていると、歴史に育まれた、自分の地域は自分たちで守るという、しかも地域のDNAを受け継いで常に「考える消防団活動」を実践している。それこそ自助の精神が脈々と受け継がれている地域性を感じます。

長野県は、訪問する地域ごとに感心することがとても多いように思われます。

|

« 熊野午王宝印を英国に持参 | Main | 無事ロンドン到着。チュエルシーに宿舎を確保。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/15836766

Listed below are links to weblogs that reference 戦国時代から地域を自ら守る伝統が上田市消防団に継承:

» 善光寺 [瀬尾 ブログ]
善光寺はいいよ、子供の頃毎年家族旅行で必ずいってた。煙をからだに浴びて健康祈願をしたり、おみくじを引いたりと思い出の詰まった場所です。そんな善光寺について簡単に説明します。 善光寺(ぜんこうじ)は長野市大字長野に位置する無宗派の仏教寺院である。 [Read More]

Tracked on July 23, 2007 at 12:51 PM

« 熊野午王宝印を英国に持参 | Main | 無事ロンドン到着。チュエルシーに宿舎を確保。 »