« 仕草のコンテンツの宝庫@旭山動物園 | Main | 携帯電話からのSNSへの画像投稿の意味 »

May 27, 2007

申請主義の「特別記念事業」

戦後処理問題の一つに、恩給欠格者、戦後強制抑留者、引揚者に対して、あらためて慰藉の念を表すため特別記念事業として、特別慰労品を贈呈するという特別記念事業があります。

“宙に浮いた年金記録”ではありませんが、この事業も職権主義ではなく申請主義です。

5月26日に安曇野市での講演の機会に帰省した折り、この事業のことをシベリヤ抑留経験のある父親に話しました。意思があるのであれば、申請したらどうかと言って、制度の概要を説明し、申請書を置いてきました。

数年前に脳血管障害で倒れ、今は在宅で介護状態にある父親はその事業のことを全く知らずに、私が渡した慰藉事業の内容をまじまじと眺めていました。10万円相当の旅行券、ギフトカード、食事券、通販券などから選択できるのです。

「誰も言ってくれなかった」、と呟いていましたが、たまたま、実家で取っている某新聞の26日付の朝刊の一面の左下にこの事業に関する政府公報の記事がありました。

「これだよ、政府も広報しているんだよ」、と言っても、84歳になる父親には通じません。個別に話をしないと、申請までは到底至らないのです。

私のケースはたまたま息子が気がついて父親が認識しましたが、恐らく多くの人は申請手続きをせずに息を引き取っていくのでしょう。

制度としてはよい制度でも、実現に向けた体制がしっかりしないと脱漏が沢山出てきます。片や予算制約の中で「小さな政府」でこのような問題に対応する人は極力省力化しているであろう中では、申請主義の元で、申請率がどの程度になるのか、その意味で関心があります。制度と執行体制の関係は難しい課題です。

|

« 仕草のコンテンツの宝庫@旭山動物園 | Main | 携帯電話からのSNSへの画像投稿の意味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/15224400

Listed below are links to weblogs that reference 申請主義の「特別記念事業」:

» 父の日ギフト [父の日ギフト]
父の日ギフト商品がもう売り出されていますよ。2007年の父の日は6月17日で・・・ [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 02:02 AM

» 在宅ビジネス 在宅ワークについて [在宅ビジネス 在宅ワーク]
在宅ビジネスで収入を得たい、小遣いを稼ぎたいと思っている人のために 役に立つ情報や知識を紹介しています。 [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 08:33 AM

« 仕草のコンテンツの宝庫@旭山動物園 | Main | 携帯電話からのSNSへの画像投稿の意味 »