« 「親戚の交流」は年寄りを元気にする | Main | ヨースト教授の講演で想起した諸井虔先生の「重い」言葉 »

April 01, 2007

今年の目黒川の「花筏」

年度末の帰省から帰ると、宿舎のある中目黒は花見客で一杯でした。

スポーツクラブの帰りに東急ストアーでビールを買いましたが、酒類コーナー陳列ケースには、在庫はわずかしか残っていませんでした。この週末は、中目黒商店街は「花見特需」です。

目黒川沿いは、溢れんばかりの人また人ですが、目黒川の水面(みなも)も、桜の花の花弁で一杯でした。これが、花筏(ハナイカダ)です。年に一度しか見ることが出来ません。

今年の花筏は特に綺麗に思えました。多くの人が写真に収めていました。外国人が、「オー グレート」と言って写真を採っているのが印象的でした。私も今年の花筏を写真に収めました。あと何どこの写真を採ることが出来るのかと、ふと思いました。Photo_1
Photo_2
Photo_3

夕方から、花に嵐の喩えではありませんが、雨が降り始めました。今年の桜は、出来るだけ長く持って欲しいと思います。職場の花見が5日に予定されています。

|

« 「親戚の交流」は年寄りを元気にする | Main | ヨースト教授の講演で想起した諸井虔先生の「重い」言葉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/14489003

Listed below are links to weblogs that reference 今年の目黒川の「花筏」 :

« 「親戚の交流」は年寄りを元気にする | Main | ヨースト教授の講演で想起した諸井虔先生の「重い」言葉 »