« 安芸高田市の注目のコミュニティ組織「地域振興会」 | Main | 砥石が銘菓に@文化財の生かし方 »

March 25, 2007

地域社会に溶け込むためのコミュニティ・ツール

長野市に用事があり、少し時間があったので職場の先輩の家に電話したところ、「今、蕎麦を作っているから、君も来ないか」と誘われ、お言葉に甘えてご自宅に伺いました。

この先輩、蕎麦打ちは相変わらずの腕前で、「ご近所」の方や先輩の現在の職場の同僚の方もいらっしゃっていました。ユズ蕎麦といった珍しい蕎麦もありました。

つゆは、辛み大根を入れたもの、地元産の鬼胡桃を煎ったものをこまめに潰してつゆにまぶしたものなど、何種類かのものを楽しみながら頂きました。

鬼胡桃は、胡桃を殻のついたまま買ってきて、自分でひとつひとつ割って中味を掘り出して潰すのです。根気のいる作業ですが、先輩は楽しみながらやっています。

「明鏡止水」という佐久の大吟醸酒を口に含みながらの蕎麦は最高でした。

私は、長野駅前で「おやき」をおみやげに買ってゆきましたが、これも味が蕎麦にはマッチしました。

ところで、この蕎麦打ち先輩は、蕎麦を振る舞いながら、「これから地域社会に入っていこうとする場合に、それなりの技があると溶け込みやすい。蕎麦打ちは必須の技術だよ」、と指摘されていました。

確かにそうです。これも立派なコミュニティ・ツールなのです。先輩のホームページには、蕎麦の詳細な作り方が掲載されています。http://www2e.biglobe.ne.jp/%7Esoba/teuti2.htm

私も10年以上も前に、この先輩と一緒に東大和市の別の先輩のご自宅を訪ね、そこではじめて蕎麦打ちの実践を垣間見ました。その後、茨城県に赴任し、見よう見まねで蕎麦打ちを始めましたが、長くは続きませんでした。そころがこの先輩は、その訪問を機に研鑽を積まれ、現在は4段という最高位の段位を取得されています。

誰からも喜ばれる技術を持っているということが、地域社会からも歓迎される必須の条件なのだということを、先輩の指摘を受けて再認識しました。地域社会に溶け込むためのコミュニティ・ツールについて、私自身も少し考えないといけません。

|

« 安芸高田市の注目のコミュニティ組織「地域振興会」 | Main | 砥石が銘菓に@文化財の生かし方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/14376746

Listed below are links to weblogs that reference 地域社会に溶け込むためのコミュニティ・ツール:

« 安芸高田市の注目のコミュニティ組織「地域振興会」 | Main | 砥石が銘菓に@文化財の生かし方 »