« February 2007 | Main | April 2007 »

March 26, 2007

砥石が銘菓に@文化財の生かし方

埴原城にご一緒した松本市立考古博物館の竹内靖長主査から興味深いお話を伺いました。

Continue reading "砥石が銘菓に@文化財の生かし方"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2007

地域社会に溶け込むためのコミュニティ・ツール

長野市に用事があり、少し時間があったので職場の先輩の家に電話したところ、「今、蕎麦を作っているから、君も来ないか」と誘われ、お言葉に甘えてご自宅に伺いました。

Continue reading "地域社会に溶け込むためのコミュニティ・ツール"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2007

安芸高田市の注目のコミュニティ組織「地域振興会」

頑張る地方応援プログラムの地方行脚で、3月21日、広島県に行って来ました。広島県は、平成11年から19年にかけて、86あった市町村が23に大きく減少し、合併に関しては全国一の成果を上げているところです。

Continue reading "安芸高田市の注目のコミュニティ組織「地域振興会」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2007

戦国末期の山城、「埴原城」探訪

3月17日、松本市の中山地区にある中世の山城の遺構である埴原(ハイバラ)城を探索しました。信州大学教授でこの分野の研究の第一人者である笹本正治氏の先導で、小宮山淳信州大学学長、松本市立考古博物館の竹内靖長主査、直井雅尚主査、それに笹本先生の教室の学生の皆様とご一緒しました。

Continue reading "戦国末期の山城、「埴原城」探訪"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 15, 2007

夕張観光再生の経営哲学

夕張の再生に関して、観光カリスマであり、また地域再生マネージャーでもある加森観光の加森公人代表取締役のお話を伺う機会がありました。

Continue reading "夕張観光再生の経営哲学"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 11, 2007

町屋文化を掘り起こし観光で村上市を再興

3月10日の土曜日、六本木ヒルズアリーナで内閣官房・内閣府主催の地域活性化のシンポジウムを見学してきました。

Continue reading "町屋文化を掘り起こし観光で村上市を再興"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

けやきドクトリン

3月9日の夕方、武蔵野市の「けやきコミュニティセンター」を訪問する機会がありました。コミュニティ活動に詳しい前武蔵野市長の土屋正忠衆議院議員から、けやきコミセンはコミセン活動としては最も進んでいる事例であり、是非運営責任者の話を聞いておくといいというお薦めがあり今回の訪問につながりました。

Continue reading "けやきドクトリン"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 08, 2007

地域の歴史・文化を知ってこその地域コミュニティの再生

信州大学の笹本正治教授の、歴史家から見たコミュニティ論をじっくりと聞く機会がありました。地域の歴史・文化を知ることにもコミュニティ再生の鍵があるとの説得力あるお話でした。

Continue reading "地域の歴史・文化を知ってこその地域コミュニティの再生"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

農山村のコミュニティ振興

下伊那郡阿智村の岡庭一雄村長から阿智村のコミュニティ作りに当たっての問題意識を伺う機会がありました。行政と住民の役割分担に意を払いながら、安心した生活ができる仕組みづくりに知恵を絞っておられる姿が浮かび上がってきます。

Continue reading "農山村のコミュニティ振興"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2007

大学教授の退官記念の会

3月3日、皇居の近くの如水会館で、手塚和彰千葉大学教授の退官をお祝いする会があり、参加してきました。1970年からの千葉大勤務ですから、37年間の研究生活というになります。

Continue reading "大学教授の退官記念の会"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2007

フェラインを通じたドイツのコミュニティ活動

職場の先輩でドイツに3年在住経験のおありの石川義憲さんから、フェライン(Verein)と呼ばれるドイツのコミュニティ活動の中核的団体の機能についてお話を伺う機会がありました。まとまって地域活動をすることが民族の文化となっているドイツ人の特質を興味深く伺うとともに、同じく成熟しつつあるわが国への示唆も含む話として勉強になりました。

Continue reading "フェラインを通じたドイツのコミュニティ活動"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | April 2007 »