« 元職場同僚との伊豆大島センティメンタルジャーニー | Main | 山村の一軒家のそば屋「ほそばら」 »

March 14, 2006

ライブカメラで見る故郷の風景

安曇野市が誕生しましたが、市のホームページから、ライブカメラで安曇野の風景を見ることが出来ます。

自分自身で操作も可能であり、たまに故郷の「実像」を眺めるのもリフレッシュになります。
こういう映像装置は、特に災害時には大きな威力を発揮することにもなります。将来は、市域を網羅できるようなカメラの設置が出来ればいいですね、と市の方に申し上げました。
http://www.city.azumino.nagano.jp/camera/index.html

一方、松本市も、少し前から市内複数箇所にライブカメラを設置し、市内の様子をライブで見ることが出来ます。こちらは自分では操作できませんが、松本城の勇姿などがくっきりと見られます。車で帰省する際などには、道路に雪があるかなどをチェックするのにも使えます。
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/camera/live/index.html

安曇野市も松本市も合併したばかりですが、地域の融和を期して、様々な手段を講じて知恵をしぼっているという証左のようにも思えます。

安曇野市では、NHKからも、このカメラの活用などの打診があるという話を伺いました。NHKのお天気カメラも数に限りがあるでしょうから、映像データの基となる資源をネットワークで有効に活用することは、必要なことだと思います。

以上の情報をある友人にお伝えしたところ、下記のホームページを紹介してくれる人がいました。ここには群馬県内のライブカメラが網羅されており、各地にすぐにアクセスできます。自分で操作可能のものも多いですし、これから開局予定の場所もたくさんあります。
 http://www.aa.alpha-net.ne.jp/cobyan/seisokuchi.htm


このほか、各地の現在の天候などをライブカメラで確認できる実用的リンク集として、海外のライブ映像までカバーしたものがあるということの情報も得ました。
http://tenki.wet.co.jp/now_weather/now_cam.html

また、島根県版ですが、冬季の道路の積雪状況等がダイレクトにわかるものとして次のリンクがあるという情報も得ました。
http://www3.pref.shimane.jp/roadi/

関係者の間では、随分と重宝がられているようです。

これらのホームページを見ると世の中便利になったと思う反面、このカメラに写る場所では誤解を生む行為をしない方がよいかもしれません。その意味では、便利さとプライバシーのトレードオフがせめぎ合う局面も、これらのライブカメラから見えてきます。

|

« 元職場同僚との伊豆大島センティメンタルジャーニー | Main | 山村の一軒家のそば屋「ほそばら」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/9086915

Listed below are links to weblogs that reference ライブカメラで見る故郷の風景:

« 元職場同僚との伊豆大島センティメンタルジャーニー | Main | 山村の一軒家のそば屋「ほそばら」 »