« 黒四ダム着手50周年の年の大町市合併 | Main | 最近はまっている薬膳料理 »

February 15, 2006

目黒のメジロ

先週伺った大町市はまだまだ雪の中でしたが、東京では少しずつ春の息吹が感じられるようになっています。

2月も中旬の14日の朝、自宅から中目黒の駅に向かう途中、ウグイスに似たメジロを見かけました。枇杷の木の小さな花をついばんでいました。メジロは春告鳥とも呼ばれるようですが、確かにその日は暖かく、春の息吹を感じる日でした。

普通花が咲きそうにもないこの季節に枇杷の花が咲いているのを見つけることが出来たのも新たな発見でしたが、メジロはこの枇杷の小さな花の蜜を吸っていたのです。枇杷の木の枝をこちらに引き寄せ花の香りを嗅ぐと、かすかに甘いほんのりとした香りがしました。

何気ない朝の通勤途上で、春の息吹を感じることが出来て、小さな幸せを感じた一瞬でした。目黒のメジロか、とつまらない駄洒落も思い浮かんだ通勤途上でした。

なお枇杷の花の写真は以下のリンクなどで見ることが出来ます。地味な花です。
http://blog.goo.ne.jp/kei1214_1948/e/019acb2fb605dc8bcc52781ea58bf33e

|

« 黒四ダム着手50周年の年の大町市合併 | Main | 最近はまっている薬膳料理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/8668897

Listed below are links to weblogs that reference 目黒のメジロ:

« 黒四ダム着手50周年の年の大町市合併 | Main | 最近はまっている薬膳料理 »