« 沢内村と栄村@雪かきに見る「共助」 | Main | 竹取物語に学ぶ少子化対策 »

January 25, 2006

「予言の自己成就」と我が家の受験生

全国市長会が発行している「市政」2006年1月号を読んでいて、「予言の自己成就」というフレーズに目が留まりました。

東大の神野直彦教授が、今回の三位一体改革に関して、税源移譲ではなく、補助金削減から着手し、交付税の圧縮を先行するという手順が問題であったこと、そして税源移譲の前提となった補助金削減の内容が、中央政府の責任であるべき現金給付による所得再分配である児童手当などの給付の国の財政責任を引き下げたことを問題視されています。

三位一体改革で、所得税には累進所得税を、地方税には比例所得税を配分したはずなのに、住民税を比例税率にした地方財政に現金給付を担わせることは「矛盾」であると指摘されています。

この論点に関しては、生活保護に関する協議会の場で、繰り返し繰り返し地方自治体側から主張がなされましたが、何故か厚生労働省側には理解できない理論のようでした。

それでも、神野教授は、財政分権改革の第二段階で、この「誤った方向性を修正」することが可能だ、と、指摘されておられます。そのためには、補助金削減から着手するのではなく、地方税への税源移譲を実現する抜本的税制改革から着手し、その上で補助金廃止や交付税改革という国から地方への財政移転改革に移るという方策を提言されておられます。

今回の三位一体改革の作業の困難さを振り返るとき、理論上は誠に正鵠を得たご指摘のように考えられます。

その上で、神野教授は、財政分権改革の第二段階のビジョンを描くに当たっては、「そうなる」という強い期待と意欲を持って取り組むべしと、語っておられますが、その際に引用した言葉が、冒頭ご紹介した、「予言の自己成就」という言葉なのです。

この言葉は、「そうなる」という未来への強い確信と意欲が強ければ、「そうなる」可能性が高まるということを意味しているのだそうです。そしてその取り組みがこれからの「私たちの歴史的使命」と位置づけておられます。

神野教授は、平成18年1月に地方自治確立対策協議会が設置した、「新地方分権構想検討検討委員会」の座長にご就任され、今後の分権社会のビジョンを提言する役割を担っておられます。自らの気持ちを鼓舞するかのように、この言葉をお使いになっておられる、と、私には思われました。

その「予言の自己成就」という言葉は余り聞き慣れない言葉ですが、社会学の世界では、結構一般的に使われている言葉のようです。私はこの言葉を伺って、より一般的に日本人の琴線に響く言葉があることを連想しました。

それは、「なせばなる なさねばならぬ 何事も ならぬは人の なさぬなりけり」 という言葉です。藩政改革で有名な米沢藩主上杉鷹山の作になる言葉と伝えられますが、何かの本で、陽明学の熊沢蕃山の作ではないか、と読んだことも微かに記憶にあります。

私が水戸市に住んでいた頃、古河市にある鷹見泉石記念館を訪問したことがありました。高校生の時代に日本史の教科書で学んだ渡辺崋山が描いた「鷹見泉石像」を覚えており、その偉人の記念館を訪れたものでした。その折りに、近くの猿島郡総和町大堤の鮭延寺に熊沢蕃山のお墓があると伺い、訪ねてみたくなったのです。この地にお墓があるのは、蕃山が古河藩に招かれた時に幕政を批判したため、古河の地に謹慎蟄居を命ぜられたからなのだそうです。

蕃山は理論以上に政治社会情勢に関し鋭い経験的観察を行い、政策提言を行った学者と承知しておりますが、その蕃山が、「なせばなる」の元々の作者ではないか、という話なのです。

蕃山は、わが国で最初に乱開発による国土の荒廃を指摘した学者としても知られているようです。当時は寺社造営のため樹木が乱伐され、蕃山はそれを憂い寺社の増加を抑える提言を行ったとのことです。また、治水のもとは治山にあり、治山こそが国を富ます道であり、山の樹木が繁茂すれば洪水を防ぎ、川に土砂が堆積するのを防ぐという理屈を展開しているのだそうです。

今の世の中でいえば、社会・環境政策に通じた経済学者哲学者というところでしょうか。宇沢弘文東大名誉教授や「予言の自己成就」を説いた神野直彦東大教授といった位置づけになるのでしょうか。

ここまで書いてみて、我が家の受験生にも、目標を立てて自らを鼓舞すれば、それは実現できるのだよ、と言ってやろうと思った次第です。最後の追い込み時期です。

|

« 沢内村と栄村@雪かきに見る「共助」 | Main | 竹取物語に学ぶ少子化対策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/8338418

Listed below are links to weblogs that reference 「予言の自己成就」と我が家の受験生:

« 沢内村と栄村@雪かきに見る「共助」 | Main | 竹取物語に学ぶ少子化対策 »