« June 2005 | Main | August 2005 »

July 30, 2005

老人に席を譲れないボーイスカウト

通夜と告別式の関係は、地域によって大きな違いがあるようです。通夜に一般の人も来られる地域があると思えば、松本周辺では、通夜は親戚などの本当の近親者で執り行うようです。

Continue reading "老人に席を譲れないボーイスカウト"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「信州自治」第47巻第4号

通夜と告別式の間は、女房の実家が慌ただしいので、子供と私は安曇の実家に泊まりました。祖父と祖母は孫達が泊まりに来るので大喜びでした。

Continue reading "「信州自治」第47巻第4号"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お葬式の教育効果

岳父の葬儀を7月28日の通夜、29日の告別式と、慌ただしく済ませてきました。

Continue reading "お葬式の教育効果"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2005

岳父の訃報

7月26日の朝、突然の訃報が舞い込みました。妻の父親、つまり私の岳父が急性心筋梗塞で倒れました。救急車で近くの救急病院に運ばれましたがそのまま永眠。

Continue reading "岳父の訃報"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 26, 2005

日本で最も新しい鉄路

秋葉原から筑波まで最短45分で結ぶ鉄道新線が8月24日に開業します。

Continue reading "日本で最も新しい鉄路"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

「政治家」と「役人」の違い

知り合いの参議院議員の森元恒雄氏という人が、「日本の課題、日本の進路」(ぎょうせい 平成17年5月)という本を書かれました。

Continue reading "「政治家」と「役人」の違い"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

防災対策と財源措置

7月22日の金曜日に、京都大学防災研究所主催の災害対応研究会で、「防災対策と財源措置」という主題の講習会に参加してきました。

Continue reading "防災対策と財源措置"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2005

上司や仕事の不平不満を言わない伝統?

私どもの職場では、毎年夏に、新採職員が地方赴任します。7月20日の夕方、彼らの為の大送別会が都内で催されました。

Continue reading "上司や仕事の不平不満を言わない伝統?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

東筑摩郡山形村でのブルーベリー摘み

三連休で白馬岳に行く予定がツアー参加者の都合で延期になり、ぽっかりと日程が空き、久しぶりに両親の顔を見に車で安曇野に行って来ました。妻や子供達も誘いましたが、それぞれに用事があるようで、誰もついて来てくれません。

Continue reading "東筑摩郡山形村でのブルーベリー摘み"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2005

三位一体改革で東京都は収入増減なし

全国知事会議徳島県会議(7月13日)の折に総務省の香山充弘次官が、三位一体改革の最近の動きに関してコンパクトでメリハリの効いたお話をされました。エッセンスは、三位一体改革で、トータルとしての収入増減を出来るだけ平準化しようという姿勢を示したことです。東京都に関しては、三位一体改革で収入増減が生じない試算を明らかにしました。

Continue reading "三位一体改革で東京都は収入増減なし"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

穂坂・前志木市長の心機一転再チャレンジ

前の志木市長の穂坂邦夫氏が、6月30日に市長を一期限りで退かれました。穂坂氏は、教育改革や行政改革の実践行動市長として全国的にも名が知られており、何故一期で勇退されたのかよく分かりませんでしたが、引退後も地方分権の推進に携わるお考えをお持ちで、「地方自立政策研究所」というNPOを立ち上げ、引きつづき精力的な活動をされるようです。

Continue reading "穂坂・前志木市長の心機一転再チャレンジ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2005

生活保護率の地域格差

[三位一体改革]「『生活保護』の税源移譲を進めたい」という表題で7月15日の読売新聞社説に接しました。

Continue reading "生活保護率の地域格差"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 14, 2005

「瀕死の重傷」の交付税?

7月13日と14日の両日にわたる徳島での全国知事会で、3兆円規模の税源移譲の為の残り6,000億円の税源移譲に見合う補助金改革案がまとめられました。私も傍聴しておりました。

Continue reading "「瀕死の重傷」の交付税?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2005

各務原市の情報システムの「全体最適化」

岐阜県の森真各務原市長に呼ばれ、職員研修の講師をしてきました。森真市長とは、この5月に札幌の結婚式でお会いして意気投合、その後愛知県長久手町での勉強会でも偶然遭遇し、今回お招きに預かりました。人間関係のつながりの奇縁を感じます。

Continue reading "各務原市の情報システムの「全体最適化」"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 07, 2005

麻生知事会長の「三位一体改革」論@「要求国家」から脱却を目指す

全国知事会長の麻生渡福岡県知事が、7月7日都内で講演され、三位一体改革実現にかける地方自治体の代表としての思いを語られました。東西冷戦を経ての歴史の流れを踏まえた高い視座に立った講演でした。

Continue reading "麻生知事会長の「三位一体改革」論@「要求国家」から脱却を目指す"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2005

元文部官僚市長の親元叱咤激励

元文部官僚で出雲市の西尾理弘市長さんが、義務教育費国庫負担金の一般財源化に関して、その経歴からすると意外なメッセージを表明されておられます。2005年6月24日の「自治日報」紙上での以下の所論です。

Continue reading "元文部官僚市長の親元叱咤激励"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

英国の教育財政改革から学ぶべきもの

中央教育審議会委員の藤田英典国際基督教大学教授が、中央教育審議会やシンポジウムの場で、繰り返し、英国の教育改革に言及され、義務教育費を地方の一般財源対応から全額国庫負担にすることとした理由が、「地方が教育費を徐々に削減していった経緯にあり、その英国の経験則を踏まえるべきだ」と発言されています。しかし、この中教審委員の藤田教授の事実認識は、やや古い時点の認識であるか、あるいは誤りがあるようです。

Continue reading "英国の教育財政改革から学ぶべきもの"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 03, 2005

選挙もバーコードで本人確認の時代

7月3日は東京都議会議員選挙があり、女房と一緒に、目黒学院に設けられた投票所で一票を投じてきました。

Continue reading "選挙もバーコードで本人確認の時代"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 02, 2005

金沢市長の体験的教育論・国と地方の役割分担論

「三位一体改革と義務教育費国庫負担金問題」をテーマとした自治学会のシンポジウムが7月2日(土)にプレスセンターでありました。

Continue reading "金沢市長の体験的教育論・国と地方の役割分担論"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2005

人間ドックと行革努力

宿舎の隣にある病院で人間ドックを受けました。毎年この時期に受診しています。同じ所での受診は、安心しますし、経年比較の面からも有効だと思います。

Continue reading "人間ドックと行革努力"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »