« 新緑の安曇野、高瀬ダム、親の背中 | Main | エコノミスト村 »

May 06, 2005

水田開発と美術館

安曇野の北に松川村という所があります。そこに「安曇野ちひろ美術館」という岩崎ちひろさんの作品を集めた美術館があります。
http://www.chihiro.jp/azumino/top.htm

山麓線で安曇野を大町から南に上る途中にその美術館はありますが、私の父親が、「ちひろさんのお父さんがこの松川の水田開発に尽力したことは余り知られていない」と解説してくれました。

松川村は、昔は山麓の松林で覆われていたのを、戦後入植した人たちが田圃を作り切り開いていったのだそうです。その時に、元陸軍の技術専門家であった岩崎ちひろさんのお父さんは、圃場の設計をし、施工管理も行い、この地域の水田開発を手がけていったのだそうです。

父親は「岩崎ちひろさんの住んでいた家はあそこだ」、と言って山麓線の曲がり角の奥にある家を指し示してくれましたが、そういう縁もあって、松川村に岩崎ちひろ美術館が出来ているようです。

全てのことには一朝一夕ではいかない歴史の積み重ねがあるということでしょうか。

松川村は、この地域で合併せずにやっていくという選択をしておられるようです。ひょっとしたら自分たちの力で荒れ野を切り開いてきたという自負心が自立心の源かも知れません。それも一つの選択です。

それにしても、松川の自然も素晴らしい。岩崎ちひろさんでなくとも、心の故郷にしたくなります。

|

« 新緑の安曇野、高瀬ダム、親の背中 | Main | エコノミスト村 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/4005329

Listed below are links to weblogs that reference 水田開発と美術館:

» ちひろ美術館 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「ちひろ美術館」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み... [Read More]

Tracked on May 21, 2005 at 12:55 AM

« 新緑の安曇野、高瀬ダム、親の背中 | Main | エコノミスト村 »