« 「文明の衝突と21世紀の日本」 | Main | 北海道空知郡奈井江町の取り組み »

December 21, 2004

ヤコフ・クライツベルク

少し前になりますが、雨の中をNHKホールでヤコフ・クライツベルク指揮ウィーン交響楽団のモーツァルト作曲交響曲41番「ジュピター」とシューベルト作曲交響曲8番「グレート」を聴いてきました。女房と一緒です。

久しぶりのコンサートでしたが、殺伐とした仕事を一時忘れ、気持ちが癒される思いがしました。とは言っても、女房からは、「あなた半分以上寝ていたじゃないの」と叱られてしまいました。

ヤコフ・クライツベルクという指揮者は、私は初めてでしたが、非常に切れのよい指揮ぶりで、聴衆も感動の拍手を送っていました。

アンコールは、ウィンナーワルツでした。仕事もワルツのように軽快に行けばいいのですが、仕事の方は、ワルツというよりも、工事現場の雰囲気です。気持ちとしてはしっかりとした建物が建つことを祈っています。

今は、建物資材を発注したのに、注文した資材が届かずに困っている、という状態でしょうか。

結局、コンサートを聴いても仕事に結びつけてしまうトラウマ状態の私でした。

しかし、たまには日常を離れて、芸術に親しむ機会は本当に重要だと思います。このようなときに、東京に住んでいて幸せだと思います。ありとあらゆる機会があるのですから。

|

« 「文明の衝突と21世紀の日本」 | Main | 北海道空知郡奈井江町の取り組み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58165/2328143

Listed below are links to weblogs that reference ヤコフ・クライツベルク:

« 「文明の衝突と21世紀の日本」 | Main | 北海道空知郡奈井江町の取り組み »